リンパ浮腫を抱える人と社会の多様な立場の人と共に「リンパ浮腫があっても安心して暮らせる社会」の構築を目指しています。


私達が目指す社会

安心して暮らせる社会

誰もが挑戦出来る社会

私達の活動

①生涯教育 ②調査・研究 ③普及啓発 ④国際団体との連携・情報共有 の4つの柱を軸に活動を行う団体です。

専門職だけでなく、リンパ浮腫を抱える人、家族、その他市民、企業といった社会の多様な立場の人と共に、「リンパ浮腫があっても安心して暮らせる社会」の構築を目指しています。


リンパカフェのスタッフブログ

【重要】リンパカフェ@おおさか 延期のお知らせ (月, 17 2月 2020)
この度は、「リンパカフェ@おおさか」へお申し込みいただきありがとうございます。    みなさまとお会いできることをリンパカフェー同、楽しみにしておりましたが、   2月17日(月) 新型コロナウィルス  政府の専門家会議の発表を受け ✏️ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html     皆さまの安心・安全のためにも、 2月23日(日)リンパカフェ@おおさか開催の延期を決定いたしました。   現在の状況において 治療中の方もいらっしゃることを想定し、交通機関などの不特定多数の人混みを避けることが、 感染のリスクを下げることにつながると判断しました。     私達リンパカフェは、皆さまの「安心したくらし」をモットーに活動しているため、 参加者の皆様には安心した環境で参加していただくことが良いと考えています。     今回、お申し込みいただきましたみなさまへ   「日々の暮らしの中で、抱えているリンパ浮腫への不安を解消したい」 「リンパ浮腫について学びたい」 「今後の心配」など   申し込み時のアンケートに寄せていただきましたみなさまの思いが 早期に解決できる方法を検討しています。   次回開催の目処が立ちましたら、SNSやブログなどから情報配信を行いますので、 この機会にご登録いただけますと幸いです。   🦒ブログ🦒: https://ameblo.jp/lymphcafe?frm_id=v.jpameblo&device_id=dda933925b4744fb911256af6b16c807     ニコニコLINE ニコニコ 検索ワード【 lymphcafe 】                              気温差が激しく、体調を崩しやすい時期です。 みなさまどうぞ、お大事にお過ごしください。   リンパカフェは、みなさまが「安心して暮らせる」社会を目指し、活動を続けています。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。     リンパカフェ代表 田端 聡
>> 続きを読む

事業場における治療と仕事の両立支援促進セミナーに参加してきました。 (Sun, 19 Jan 2020)
1月17日に、事業場における治療と仕事の両立支援促進セミナーに参加してきました。 セミナーの内容は、   ・産業保険相談員の方から、支援を進めていくためにはどうしたらいいか ・実際に自身が就労支援をどう受けて仕事を継続していく事ができたか ・雇用主として社員の就労支援をどのようにしたか   それぞれの立場からの現状や課題についてです。   がんと診断された方で、治療開始前に3割の方が仕事を辞めてしまい、そして4%の方は解雇されている現状があると話がありました。 病気が理由で解雇されるというのに驚きでしたが、仕事を辞めてしまう方も多いのだと思いました。   退職理由には治療に専念するすることも大事ですが、やはり周りに迷惑をかけたくないと感じている方が多く、働くことで他の人への遠慮と言うのが感じられました。   しかし、今は仕事と治療の両立というのが働きかた改革の中に組み込まれています。 働きながら治療ができる時代になってきています。 でも、なかなかその制度が生かされないのは、治療している方の葛藤もそうですが、会社側もどう対応したらいいのかわからないと言う現状があるのだなと思いました。   私達がリンパカフェに相談をいただく中でも、病気や障害に社会全体の理解が不足することがあると感じることがあります。特にリンパ浮腫の症状に関しては、ずっと同じ姿勢で座っていることや、長時間腕を使うと重だるくて辛いという症状はなかなか他の方には分かってもらえない事があります。 しかし、仕事の内容によっては配慮してもらうことで、働きやすくなったという相談者の方もいらっしゃいます。   治療や自身の体が辛い時は、どうしてもマイナスなことを考えてしまい仕事を辞めてしまうかもしれません。   体が辛い時はそちらを優先し、体の調子が戻ってきたときにゆっくりと仕事について考えてみるのも一つの選択肢です。   もし、今悩まれている方は、まずは誰か相談者は周りに居ますか?会社の中に、または治療を受けた病院、かかりつけ医、友人、外部機関に相談するのもよいかもしれません。   両立支援が進みにくい原因の中には、医療者は、みなさんがどんな内容の仕事をしているか詳しくはわからないこともあるようです。 なので、具体的にどんな仕事をしているか相談し、自分には何ができて何が辛く感じるのか、何に困っているのか?今の状態ならこれは出来るということを伝えてみるのもよいかもしれません。   私たちリンパカフェは、健康と仕事の両立支援、健康的なくらしについての学びについて活動を行なっています。   一つでも悩んでいる事が減り、みなさんが安心して暮らしていけることのお手伝いができればと思っています。     もし、両立支援に悩まれている方がいらっしゃったら下記機関でも相談や情報が見られます。 ●日本キャリア開発協会   https://www.j-cda.jp ●CSRロジェクト   http://workingsurvivors.org ●県内のがんセンター、がん拠点病院、労災病院などの「がん相談支援センター」   ●県内の産業保健総合支援センター両立支援促進員    
>> 続きを読む